CRUIZE 業者の方はこちら
CRUIZE LIGHTING
CRUIZE WHEEL ITEMS
CRUIZE スタッフ・ブログ
雑誌掲載記事のご紹介
Movies
初めての方へ
ショッピングガイド
LANGUAGE
クルーズのホイールナットでさり気なくドレスアップ
ホイールナット&ボルト 取付け方法

ホイールの装着ナットは車種やホイールメーカー等によって様々です。

取付座には60°テーパー座、球面座、平面座等がございます。
必ずご使用になるホイールの取付け座の確認をして下さい。

ホイールナットの種類

クルーズでお取り扱いしているホイールナット・ボルトはテーパー角60°・13R・14Rのものです。

クルーズのホイールナット

また、ネジ径(M)やネジ山ピッチ(P)といったサイズがございます。

ホイールナットのサイズ
まずは、お客様のお車に合ったサイズや本数をご確認ください。

 

クルーズのホイールナット・ボルト ラインナップ

クルーズでは以下のサイズを取り扱っています。

ナット
  • M12 × 1.25 60°(日産、スバル、スズキ)
  • M12 × 1.5  60°(トヨタ、三菱、ホンダ、マツダ、ダイハツ)
  • M14 × 1.5  60°(主にLEXUS LS、ランクル100/200、PORSCHE、シボレー、ダッジ、07年以降のタンドラ、セコイア等)
  • M14 × 1.5   14R (ポルシェ純正サイズ)


ボルト ※ 各首下長さ28o/35o/40o
  • M12 × 1.25 60°
  • M12 × 1.5   60°
  • M14 × 1.25 60°
  • M14 × 1.5   60°
  • M14 × 1.5   13R
  • M14 × 1.5   14R

※ トヨタ、ホンダ、三菱の純正アルミホイールが装着されている場合は取付け座の形状によりお取付頂けない場合がございます。

以下おクルマにはお取付頂けません

  • 欧州車などのラグボルトを使用する車輌
  • M10×P1.5 (軽自動車)ホンダ・ミツビシ
  • M10×P1.25 (軽自動車)スズキ・ダイハツ・スバル・マツダ

また、一部のおクルマでOEM車輌がございますのでご注意ください。
例)日産車の場合でもオッティは三菱のOEM車(ekワゴン)になりM12 × 1.5になります。

本数を選択しましょう

取付け頂けることが確認できましたら、次は本数選択です。
一般的なクルマは1つのホイールにつき4穴、5穴、の車輌がございます。
つまり、クルマ1台で16本もしくは20本のナットが必要になります。

クルーズでは必要に応じて本数の選択が可能です。
また、アルミ冷間鍛造ナットのシリーズではロックナットの有り、無しや軽自動車にもスッキリ収まるショートタイプが選択できます。

ロックナットって何?
ロックナット

ロックナットとは専用のキーソケットを使用しないと
脱着できないナットになります。

タイヤホイール1箇所に対し、1つ使用して使い、 ホイールの盗難防止やイタズラ防止に効果があります。

アルミナットセット(16本/20本)には4つのロックナット(1台分)と専用キーソケットが1つ付属致します。
※ ロックナット無しも選べます。

お取付けについての注意事項

取付け時のご注意

ナットお取付けの順番
  • ナットの取付け方向は、必ずテーパー部をホイール方向に向けて下さい。
  • ホイール装着時にナットのネジが10mm以上締まらない場合は取付けないで下さい。
  • 参考締付けトルク・・・M12…110〜120N・m(11〜12Kgf・m)
    M14…140N・m(14Kgf・m)
  • ナットの締め過ぎや、締め付け不足はホイール・ハブボルト等の変形や緩みを引き起こし、事故の原因となる事がありますのでご注意ください。
  • ナットの取付け部には決してグリース・油等は塗らないで下さい。

取付け後のご注意

  • 取付後はナットが緩みやすいので約100km走行後に増し締めを行って下さい。
  • ヨゴレが付着した状態や雪道、凍結防止剤、海岸付近の塩水や潮風は、非常に有害ですので、走行後は必ず水洗いしてください。
  • 市販されているホイールクリーナーやボディークリーナー等の一部には製品の変色の恐れのある物や、シミ等が発生する恐れがありますので、充分注意してください。